CPU・PC大全


現代のパソコン生活に
必須なCPU情報が 147 点!
さらにグラフィックボード、
ノートパソコンなどの情報が
調べられる便利サイト
CPU
GPU
ノートPC
用語集

CPU情報が盛りだくさん

当サイト

CPU・PC大全

へようこそ!
こちらのサイトは、現代の高度IT化社会において、必要不可欠なIT機器のひとつ、パソコンにおいて、 頭脳とも言える働きをして、その性能次第でパソコンの動きも大きく変わるパーツ、CPUに関する情報サイトです。
メーカーサイトでしか見られないような情報までこと細かに解説し、パソコンを自作する際や、買い替える際に役立つようなサイトにしております。

最新登録CPUリスト

全て見る
新着のCPU情報です。
他、当サイトに登録されているすべてのCPUのリストが見たい場合右の「すべて見る」を
リスト化されているCPU情報を特定の項目でソートしたい場合は、基準となる項目名をクリックしてください。
ブラ
ンド
CPU名 PASS
MARK
コア
スレッ
ド数
クロック 最大
クロック
TDP 発売
時期
intel Core m5-6Y57 2369 2 4 1.10 GHz 2.80 GHz 4.5 W Q3'15
intel Celeron 3965U 1680 2 2 2.20 GHz 2.20 GHz 15 W Q1'17
intel Core2 Duo SP9400 948 2 2 2.40 GHz 2.40 GHz 25 W Q3'08
intel Pentium 4415Y 1602 2 4 1.60 GHz 1.60 GHz 6 W Q2'17
intel Core i9-10900K 23913 10 20 3.70 GHz 5.30 GHz 125 W Q2'20
intel Celeron G5900 2762 2 2 3.40 GHz 3.40 GHz 58 W Q2'20
intel Core i7-2670QM 3779 4 8 2.20 GHz 3.10 GHz 45 W Q4'11
intel Core m3-6Y30 2003 2 4 900 MHz 2.20 GHz 4.5 W Q3'15
intel Core M-5Y70 1705 2 4 1.10 GHz 2.60 GHz 4.5 W Q3'14
intel Pentium Silver N5000 2601 4 4 1.10 GHz 2.70 GHz 6 W Q4'17
intel Core i9-9900K 18812 8 16 3.60 GHz 5.00 GHz 95 W Q4'18
intel Core i5-9400F 9545 6 6 2.90 GHz 4.10 GHz 65 W Q1'19
intel Core i7-8750H 10140 6 12 2.20 GHz 4.10 GHz 45 W Q2'18
intel Core i7-10750H 12466 6 12 2.60 GHz 5.00 GHz 45 W Q2'20
intel Pentium N3700 1321 4 4 1.60 GHz 2.40 GHz 6 W Q1'15
intel Celeron M 360 221 1 1 1.40 GHz 1.40 GHz 21 W
intel Pentium 2020M 1387 2 2 2.40 GHz 2.40 GHz 35 W Q3'12
intel Core2 Duo U7500 366 2 2 1.06 GHz 1.06 GHz 10 W Q3'06
intel Celeron 2950M 1264 2 2 2.00 GHz 2.00 GHz 37 W Q4'13
intel Celeron N2940 1018 4 4 1.83 GHz 2.25 GHz 7.5 W Q3'14

最新登録GPUリスト

全て見る
新着のGPU(グラフィックボード・グラボのこと)情報です。
他、当サイトに登録されているすべてのGPUのリストが見たい場合右の「すべて見る」を
リスト化されているGPU情報を特定の項目でソートしたい場合は、基準となる項目名をクリックしてください。
ブラ
ンド
GPU名 PASS
MARK
最大メモリ
サイズ
コア
クロック
Max
TDP
AMD Radeon Pro WX 9100 13325 16384 MB 1200 MHz 230 W
NVIDIA RTX A3000 Laptop GPU 13023 6144 MB 130 W
NVIDIA GeForce GTX TITAN X 13251 12288 MB 1000 MHz 250 W
NVIDIA GeForce GTX 1080 with Max-Q Design 10175 8192 MB 1468 MHz 110 W
NVIDIA Quadro P5200 12603 0 W
NVIDIA GeForce GTX 1070 (Mobile) 10465 8192 MB 1443 MHz 0 W
AMD Radeon Pro WX 8200 13885 8192 MB 1200 MHz 230 W
NVIDIA GeForce RTX 2070 (Mobile) 12354 8192 MB 1215 MHz 115 W
AMD Radeon Vega Frontier Edition 13745 16384 MB 1382 MHz 350 W
NVIDIA Quadro RTX 5000 (Mobile) 14832 16384 MB 1035 MHz 110 W
AMD Radeon Pro 5700 XT 12551 16384 MB 1243 MHz 130 W
NVIDIA GeForce RTX 2080 with Max-Q Design 12322 8192 MB 735 MHz 90 W
AMD Radeon Pro Vega 56 12398 8192 MB 1247 MHz 0 W
NVIDIA RTX A3000 12GB Laptop GPU 15695 0 W
AMD Radeon RX 6800S 13503 8192 MB 1800 MHz 100 W
NVIDIA Quadro RTX 4000 15501 8192 MB 1005 MHz 160 W
NVIDIA GeForce RTX 2080 (Mobile) 15107 8192 MB 1380 MHz 150 W
NVIDIA GeForce RTX 2070 16094 8192 MB 1410 MHz 175 W
AMD Radeon RX Vega 64 14657 8192 MB 1247 MHz 295 W
NVIDIA Quadro P5000 11919 16384 MB 1607 MHz 180 W

ランダムトピックス

当サイトに関わる豆知識や、パソコン関連の用語、雑学などをランダムにご紹介。

クロック数(くろっくすう)

1秒間に発振する(電圧の最大値と最小値を繰り返す)回数をクロック周波数という。パソコンでよく「Intel Core i7 3.20GHz」などといった表示を見かけるが、この3.20GHzの部分がクロック周波数である。現代のパソコンでよく耳にする単位は主にギガヘルツ (GHz) で、この値が大きければ大きいほどそのコンピュータの処理速度が速いということになる。ただし、1クロックあたりの処理内容やコア数はコンピュータの機種・製品により異なるため、異なる機種・製品間ではクロック周波数だけで性能を比較することはできない。

最近のマイクロプロセッサは外部クロック周波数を内部で何倍かにして適切なクロック周波数で動作する。したがってコンピュータシステム全体よりもCPU部分だけが高速動作しており、CPUが外部要因(メモリや入出力)を待たなければならないときを除いて性能向上が図られている。

CPU(cpu)

CPU(シーピーユー、英: Central Processing Unit)は日本語で中央処理装置(ちゅうおうしょりそうち)または中央演算処理装置(ちゅうおうえんざんしょりそうち)のこと。
コンピュータの頭脳に例えられることが多い、コンピュータにおける中心的な処理装置(プロセッサ)。

スレッド数(すれっどすう)

CPUが実行できる同時プログラム数。
かつてはコア数=スレッド数であったが、現在ではメーカーの技術で1つのコアが複数プログラムの並列実行を行えるマルチスレッドという技術も存在する。
その場合、スレッド数はコア数より多くなる。

SSD(ssd)

SSDとは、ソリッドステートドライブ(英語: Solid State Drive)の略称。
半導体メモリをディスクドライブのように扱える補助記憶装置の一種である。シリコンドライブ、半導体ドライブ、メモリドライブ、擬似ディスクドライブなどとも呼ばれる。
2021年時点で巷で「SSD」としてさかんに言及され、人々の間で盛んにHDDの代わりに導入が行われているのは主にフラッシュメモリを用いたもののことである。なお「SSD」は広義には、フラッシュメモリ方式以外にも、メモリにRAMを用いたもの(ハードウェア方式のRAMディスク)を用いたものも指しうる。
SSDのメリットは、ハードディスク(HDD)のほうが機械的な原理で動作しディスクに磁気的に記録するためにディスクを回転させヘッドと呼ばれる部分を物理的に移動させているのに対し、SSDはデータ記録原理が根本的に異なり半導体で行っているので、振動に強く、データへのアクセス時に音がせず、ハードディスクよりも消費電力が少なく、軽量というメリットがある。データの転送速度も、HDDの5倍程度、というメリットがある。